previous arrow
next arrow
Slider

右利きの武士と職人たち

日本刀を使う武士は、皆、右利きであったと言われています。刀を作る職人の道具も右利きであることが前提として作られているのだそうです。武士が右利きであったと言われているのは、刀を左の腰に差していたことによるものなのですが、実際に刀などのを腰にぶら下げて歩いてみると分かりますが、多くの人が左右バラバラに刀を腰に下げていると廊下をすれ違う際や、食事の席などで隣に座るお互いが座るシチュエーションにおいて、大変不便な思いをするのだそうです。実際に食事などをする席で右利きと左利きの人が、隣同士に座ることによって、、お互いの肘がぶつかってしまうようなことがありますよね。刀のフォルムは丈が長いことから、お互いにルールをお守り会うことによって、日常生活が快適に過ごせていたのかもしれません。そのようなことと同じ所以にあるのか分かりませんが、刀を作る職人さんの道具もすべて右利き用として作られているのだそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *